MENU

ビジネスパーソンのための快眠術

睡眠時間を削ってでも仕事をして成功を勝ち収りたい。でも体測は崩しては元も子もない。
無理なく効率のよい快眼で成功しよう。

人と差をつけるための効率のよい睡眠法

自分の睡眠と一日の体調を記録することで体調の善し悪しがひとめで
わかるようになる。

 

また、どの時間帯に集中力がアップしていたかなど効率の良い仕事の仕方もわかるのだ

成功を勝ち取りたい思っている人ほど、睡眠時間を削る傾向が強い。

一日3〜4時間の睡眠で仕事をこなし人と会い本を読み、
自分を高めようとするためだ。

 

人間にはショートスリーパー(短眠派)といわれる
睡眠が5時間以下でも平気だという人たちがいる。

 

けれど一般的に見れば6〜7時問の睡眠が必要である。
睡眠不足は死亡率が高まるし、イライラなどの情緒不安定にもなりやすい。

 

集中力も低くなるから仕事でもミスが起こりやすくなる。
まず大切なのは自分の適切な睡眠時間を把握することだ。

 

ひとつの方法として睡眠記録をつけてみよう。
何時に寝て何時に起きたか。

 

その日の体調はどうだったか。
それを繰り返すと適切な睡眠時問がわかるようになる。

 

その生活リズムで仕事をすれば効率よく集中的に仕事ができるようになる。

 

ポイントは集中力が増す朝の仕事。

 

誰よりも出社を早くし、邪魔が入らない時間にメールや業務などを集中的にこなしてしまう。
それだけで午後の時問を余裕をもって過ごせる。

このページの先頭へ