MENU

睡眠時間より質が大事いかに深く眠るかを意識しよう。

睡眠は長くても短くてもよい、ということではない。

 

睡眠時間が6〜7時間を境に不健康が高くなるという統計結果が出ている。
一般的に見て6〜7時間の睡眠が一番健康に良いということがいえるだろう。

 

ただこの結果がすべてのひとにあてはまるわけではない。

 

眠派は社交的でストレスをためない人が多く、長眠派は内向的でストレスをためやすい傾向があります。
自分の性格を判断し適切な睡眠方法を選びましょう。

 

人間にはショートスリーバー(短眠派)とロングズリーバー(長眠派)といわれる人たちがいる。

 

  ショートスリーパー(短眠派) ロングズリーパー(短眠泯)
性格 外交的 内向的
睡眠時間 基本的に短い 基本的に長い
睡眠の質 熟睡 中途覚醒が多い

 

世界的で有名な成功者といっても過言ではない発明王のエジソンやフランスの軍人のナポレオンが短眠派です。
短眠派と逆の長眠派はアインシュタインだそう。

 

健康とは関係なく、適正な睡眠時間は人それぞれ。

つまり、自分の適性な睡眠時問を知り、睡眠の質を高めることは、
健康にも日々の生活においても最も重要なのだ。

適正な睡眠時間をるには、翌日の体調で判断することができる。

 

睡眠時間が何時間のときは調子が良いとか、
一日の行動を分析するために睡眠日記を使うのが最も効率がよい方法。

 

まずは適正の睡眠時間を知り、日々の生活を改めてみよう。

このページの先頭へ