MENU

寒〜い冬の上手な寝方と寝具の素材の選び方ポイント

冷え性にはつらい冬。

 

ベッドに入っても寒くてなかなか寝つけないのは手足の冷えが原囚の場介が多い。
まずは手足を温めて!人間は手足が冷たいと体内の温度が下がらず寝つきが悪くなる。

 

最も簡単にできる改善方法は足浴やソックスを履いたりして足を温めること。

 

電気毛布を使うという方法もあるが、ずっと電源を入れたままだと
体全体を温めすぎて体内の温度が下がらず、睡眠の質は悪くなるので注意。

 

さらに朝起きたら肌がガサガサなんていいうことにも。
保温性の高い素材の寝具も併用して活用したい。

冬に適した素材

羽毛・・・羽毛にはダウンとフェザーの2種類あり、冬用なら保温性・吸湿性・放湿性に優れたダウンがよい

 

カシミア・・・保温性が高く吸水性にも優れ、さらに蒸れにくいのが特徴。やわらかいだけでなく機能性も高い

 

キャメル・・・保温性・吸湿性・放湿性・支持力など群を抜いた機能性をもつ

 

ヤク・・・やわらかく繊細な柔毛と太くて高い支持力の長毛がある。保温性・へたりにくさを両立させた素材

体を温めるポカポカグッズ

羽毛ベスト・・・背中の上部から冷えやすい肩口にかけて温かい安眠ベスト。肌着のように地肌に直接着ることもできる。水洗い可能です。

 

電気を便わない自然なカイロ・・・上質な羽毛をたっぷりと使用したカイロ。カイロといっても電気などを使うわけではなく、羽毛だけの自然な温かさを得られる

 

足あったかおやすみソックス・・・ダウンを使った保温力に優れたおやすみ専用ソックス。蒸れることもなく快適な睡眠が得られる。水洗いも可能です

 

腰までしっかり温めるベスト・・・腰までしっかリ温めるロングタイプのベスト。両脇に伸縮性のある繁材を使用し、口ングサイズでも寝返りしやすいよう工夫もされています

 

冬に注意したいこと

廊下とトイレの温度・・・温まった布団の中から急に寒い室内に移動すると、血管系への負担が大きい。夜間、睡眠途中にトイレに行くときは気をつけよう

 

電気毛布のつけっぱなし・・・電気毛布を使うと寝つきはよくなるが、朝までつけっばなしだと睡眠の質が悪くなる。寝るときには電源を切っておこう

 

夏野菜は控えめに・・・トマトやきゅうりなど夏野菜は体を冷やす効果があるので、冬に食べ過ぎると体が冷える。1年を通して体のリズムをつくるには季節にあった食材を食べよう

このページの先頭へ