MENU

イビキが大きい人はさまざまな病気を誘発する怖い病気。

イビキ専門のお医者さんに相談したり、
睡眠グッズを使うなど早めに対策を練りましょう。

 

イビキが大きいと日中の強い眠気に襲われるだけでなく、
心臓や血管の負担も大きいために、多くの危険な病気になりやすい。

 

毎日イビキをかくようなら医師に相談をしてみたい

 

睡眠時無呼吸症候群という言葉をよく耳にするようになった。

 

睡眠時に息が止まることで、睡眠を阻害するだけでなく、
そのまま突然死になることもある。

 

イビキはこの眠時無呼吸症候群と関係が深い。

 

イビキのメカニズムはどうかというと、人間は睡眠に入ると
鼻の粘膜の血管が拡がり、空気が通りにくくなる。

 

まだ筋肉の緊張が緩むことで舌がノドの
奥のほうへ落ち込むようになり、囗も鼻と同じく空気が通りにくくなる。

 

この通り道が狭いところを空気が通り抜けるときに
ノドの與が振動してイビキとなる。

 

つまりこの鼻とノドが極端に狭いとイビキをかきやすいのである。
肥満になるとノドについた脂肪が圧迫し、イビキをかきやすくなる。

 

まだアルコールを呑むとイビキをかきやすくなるのは
ノドの筋肉がさらに弛緩するからなのだ。

 

イビキは万病の元。百害あって一利なし。

 

早急に改善しよう。

 

イビキをかく人のかかりやすい病気
  • 脳卒中
  • 脳梗塞
  • 血液トロトロ
  • 肥満
  • 夜間頻尿
  • 起床後の頭痛
  • 突然死
  • 日中の強い眠気
  • 性欲低下

 

このページの先頭へ