MENU

仕事の効率を上げる15分仮眠を取り入れよう

近年、仕事の合間に仮眠を取ることの
重要性がいわれるようになってきた。

 

人間昼食を終えた後の午後2時ごろになるとどうしても眠くなるようになっている。

 

この時間を無理をして仕事をしようとしてもなかなか
高いパフォーマンスの仕事はしづらいものだ。

 

よく大工などの職人たちが10時と12時、15時に休憩を取っているがあれは
ひとつのミスが命取りになりかねない職人たちが、長年の経験で築き上げ定着したものである。

 

これはビジネスパーソンたちにもあてはまる。

 

ではどのように仮眠を取るのがよいのか。
13時〜15時の間で15分程度、座ったままウトウトするのが理想だ。

 

この時間よりも遅く寝ると夜の睡眠に影響を及ぼすこともあるし、
横になって寝てしまうと深い眠りに入ってしまうことがあるためだ。

 

いまでは机に向かって寝ることを考慮して生まれた仮眠用枕というものが販売されている。

 

これらを使えばさらに心地よい仮眠を楽しめるので是非とも試してみたい。

 

仮眠をし、高いパフォーマンスの仕事をしよう。
枕にうつぷせて抱きつくように使用すれば、デスクの上で楽に仮眠がとれる枕。

 

先が割れているので顏のサイズに合わせられる作りを選びしょう。

このページの先頭へ