不眠の悩みを解決するサイト

いつも不眠で睡眠不足を感じている。寝ていても疲れが取れない、起きたいときに起きれない。グッスリ快眠ができれば、仕事、美容、健康の悩みが解決します。
MENU

眠るメカニズムは体内時計が関係している

一日は24時問なのに体内は約25時問で進むためズレが生じ、
体調の変化をもたらすといわれている。

 

それをリセットするのが起床後に朝日を浴びる行為で、
ズレた体内の時間を日々調節している

 

人間はなぜ眠くなるのか、それはメラトニンという
体内のホルモンの分泌が関係している。

 

このメラトニンが多く出ると眠くなり、少ないと眠気はなかなか訪れない。
メラトニンの分泌は夜になると高まり、朝方になると減少する。

 

このメラトニンは体内時計により調整されるのだが、
サーカディアンリズムといわれる体内時計は、約25時間周期。

 

一日は24時間だから1時間の時差が生じている。

 

この時差をリセットし、一日の生活に合わせてくれるのが朝日を浴びる行為なのだ。

 

朝日を浴びればメラトニンも抑えられて
すっきりとした目覚めになりやすい。

 

逆に夜に朝日のような強い光を多く浴びるとメラトニンは抑えられてしまい、
なかなか寝付けなくなるというわけだ。

 

不規則な生活をしているとメラトニンの分泌も不規則になってしまう。

いつも睡眠不足を感じていたり、
なかなか起きられなかったりするという人は生活のリズムが一定でないことが多い。

なるべく寝る時間と起きる時間は一定にして生活のリズムを整えるのが快眠への近道だ。

 

 

このページの先頭へ