MENU

寝苦しい夏の上手な寝方

「エアコンをけけると冷えるし、消す暑くて寝れない、、、」
がんばらなければならない夏こそしっかり眠る方法を教えます。
夏が寝苦しいのは日本の湿度に関係しています。

 

2時問も寝ていると寝床湿度は80%を超え、不快指数がマックスになる。

 

夏こそエアコンを上手に使って、温・湿度を調整することが肝心です。

 

最近では放湿性の高い夏用の寝具を使いましょう。
これらを組み合わせることで格段に睡眠の質が変わる。

 

保冷剤で頭を冷やしても効果的だ。
体力を消耗する夏こそしっかり寝たいから、賢く快眠アイテムを使うのがコツだ。

 

夏の対策方法

適切な温度・・・快適に眠れる相対湿度は50〜60%。エアコンや除湿器を上手に使って、寝室の湿度を調整するのがポイントだ。室温は16〜26°cが理想的です。

 

頭を冷やす・・・寝具はそうそう変えられない、エアコンは冷えすぎる、、、そんな人は、氷枕や保冷剤をタオルで巻いて頭を截せるだけでもOK

 

夏向けの寝具を揃えよう!!

ひんやりとした感触・・・表面に独特のシポを漬けることで、背中の空気を動きやすく通気性を高めた敷きパッド。家庭で水洗い、日干しができるものうれしいサラッとした感触で背中の蒸れとほてりがなく

 

体にまとわりつかない・・・夏用の寝具を2枚縫い合わせただけの掛け寝具。サラッとしているので体にまとわりつくことがなく、風が通るかのような心地よさがある

このページの先頭へ