MENU

寝付きが悪いときは入浴剤を活用しよう

入浴は体を温め、リラックスできる最も簡単な方法。

 

人によって入浴の仕方はそれぞれだが、入眠しやすい入浴方法は、
38840℃のぬるめのお湯で15〜20分くらいが適正。

 

42℃以上の高温だと脳が活性化して寝つけなくなるので注意しよう。

 

まだ入浴剤を使ったり、竹炭などを入れたりすることでリラックス効果も増す。

 

いつも1時間以上入浴している人も多いはず。

 

入りっぽなしは体に負担がかかってしまうのでよくないが、
出たり入ったりと調整をすれば長時間入浴でも問題はない。

 

温度も寝つきが悪くなければ少し高めでも大丈夫。

 

入浴を楽しむことが大切だ。

 

夏など体の調整が利きにくいときは、夕方(体温が最も高いとき)に熱いお湯、
またはサウナにパツと入ることで体内時計をリセットするという裏技もあるのでぜひ試してみよう。

 

夏、暑いからといって湯船に浸からずシャワーだけという人もいるだろう。

 

エアコンが効いている場所で仕事をしている人は、意外と身体は冷えているので、
全身の血行をよくするためにも夏こそ入浴をしよう。

このページの先頭へ