MENU

自分らしいリラックス方法を見つけて眠りに備えよう

心地よく眠るためには、心と体がリラックスしていることが欠かせない。
リラックスすることができれば眠りにつくのが早いし目覚めも変わってくる。

 

たとえば、香り。

 

アロマやお香などお気に入りの香りに包まれて
眠ることはとてもよい気持ちになるはず。

 

枕に吹き掛けるスプレータイプ(ピローミスト)もあるので試してみるのもよいだろう。

 

気をつけなくてはならないのはパートナーがいる場合。
いくら自分が好きな香りでも相手にとっては不快と感じることもあるからだ。

 

香りを選ぶときはお互いが気に入ったものにするのがよい。
ほかにもリラックスできる音楽を聴いたり、写真集や画集を見るのもよいだろう。

 

あまり頭を使わずに心を落ち着かせるようなものが適している。
またストレスを感じているときはノートに書き出してみるのもよい。

 

なにが自分を苦しめているのか、その感情や自分なりの
対処法を一覧にすることで楽になるもの。

 

寝室に入るときは、今日の嫌なことは持ち込まないようにしよう。

◯好みの香りを取り入れる
○リラックスできる音楽をタイマーで30分
○考えすぎないで写真集や画集を眺める
○適度なストレッチで身体をリラックス
○今日あった嫌なことをノートに書き出す

このページの先頭へ