MENU

寝付きが悪いときは大自然のリズムにあわせる

夜になったら寝て、朝日を浴びながら目を覚ます。   
人間の体には様々なリズムがある。   

 

・感情や睡眠の長さの周期は約1年のリズム   
・睡眠と覚醒、体温や血圧の変動は約1日  
・ノンレム睡眠とレム睡眠が訪れる時間はだいたい90分周期 

 

これらは体のリズムの一例だ。   

 

もちろんこの地球にもリズムがあって、太陽が昇り、月が沈む。   
潮の満ち引きや四季などがそう。 

自然のリズムと体のリズムを調和することで、体の調子もよくなり、
おのずと快眠へと誘ってくれるはずだ

 

その大自然のリズムに人間の体のリズムを合わせることが健康への近道であると、
インドの医学、アーユルヴェーダなどでは考えられている。   

 

春夏秋冬。   

 

日本には四季折々の伝統的な年中行事がある。   

 

お正月、節句、お盆、祭りなど、さまざま。   
まだ最もおいしい句の味覚が豊富にある国だ。   

 

現代人、特に都会に住む人たちは伝統的な行事をおろそかにしがちであるし、
冷凍・保存技術の発達で食材は句に関係なくいつでも食べられるようになってしまった。   

 

けれども、年中行事を行い、最も美味しい旬の味覚をいただくことは
健康的でよい行いです。

 

心と体のバランスが整い、快眠へと誘ってくれるのである。

ストレスをなくすことをする

社会ではストレスが様々な病気を誘発して、心や体に悪影響を及ぼすといわれているが
その原因は睡眠の問題が影響することが多い。   

 

ストレスがたまると寝つきが悪くなるし、ひどいと不眠症の原因にもなる。   

 

眠れないと心と体をメンテナンスしてくれる成長ホルモンの分泌がうまくいかずに心と体のバランスが崩れ、
うつ病や情緒不安定などさまざまな病気になってしまう可能性が高いのだ。   

 

だから、ストレスは布団に入る前にはなるべくなくすようにすることを心がけておきたい。   
そのためには自分の考え方を変えるようにしたい。   

 

完べき主義を捨て、失敗こそ成長の源と考えたり
疲れたときには十分な休息を取るなど、前向きでマイペースになることが重要だ。   

 

そういう気持ちをもてば、睡眠は改善され
仕事への意欲も高まり生活がよい方向へと変化していく。   

このページの先頭へ