MENU

睡眠は究極のスキンケアの時間〜成長ホルモンの分泌時間

成長ホルモンを効果的に分泌することで、日中のダメージを受けた
肌を修復することができるうえ、アレルギーの要因になる外敵から守ることができる。

 

その役割をするのが成長ホルモンだ。

 

いかに成長ホルモンの分泌を効率よく行うかが、美肌をつくるポイントになる。
成長ホルモンが分泌されるのが眠ってから最初の3時間です。

 

夜中の3時にはストレスホルモンのコルチゾールが分泌されはじめるので、
0時に寝ると、成長ホルモンの恩恵を最大限に受けることができる。

 

しかし、コルチゾールの分泌と重なってしまうと効果は激減。

 

0時から6時までと、3時から9時まででは同じ6時間睡
眠でも質が異なるというわけだ。

 

美肌をつくるには睡眠時間だけでなく就寝時間も重要になる。

 

 

成長ホルモンの分泌時間
成長ホルモン・・・肌の潤い、ハリ、弾力、修復を行う究極の美容液ともいわれている。内臓脂肪の分解もする

 

コルチゾール・・・ストレスに敏感に反応するホルモンで、体内時計によって夜中の3時に分泌されはじめる

 

風呂ではちみつ!?
はちみつには美肌効果のあるビタミンB群やミネラルが豊富に含まれており、化粧水では届かない真皮までしみ込む力がある

 

お風呂での美容に使う方法

囗入浴時にパック
毛穴が開く入浴畤、はちみつを直接顛につけて15分ほ
どバックする。水飴の入っていないものを選ぼう
囗シャンプーに入れる
紫外線やパーマ、カラーリングでダメージを受けた髮に
効果的。シャンプーを手にとって小さじ半分が目安
囗ポディソーフ
カサカサ乾蟆お肌にも効果的。保湿成分が含まれてるの
でしっとりとした仕上がりになる成長ホルモンが分泌される
のが眠ってから最初の3時問。
コルチゾールが夜中の3時ということを考えると、O時に寝ると成長ホルモンの効果が最も得られる

睡眠による美肌効果

 

紫外線を無害化・・・成長ホルモンは紫外線による肌のダメージをなかったことにしてくれる。高価なクリームや工ステよりも実は効果的に働くのだ

 

肌の免疫力が上かる・・・眠ることで体全体の免疫力が高まる。同時に肌の免疫力も高まるため、肌免疫を高まるとアレルギーを引き起こす外敵から守ることができる

 

潤い・ハリ・弾力か出る・・・効果的に分泌されるとハリのある肌に睡眠は究極のスキンケア時間眠っている間に分泌される成長ホルモンは、究極の美容液。

 

このページの先頭へ