MENU

代表的な不眠によく効くツボの押し方〜百会と安眠

寝つきをよくし、深い眠りを得るツボ療法も簡単にできておすすめ。

 

代表的なものとして、頭部に百会と安眠、また足のかかとに失眠というツボがあり、
刺激するすることで不眠を改善できる。

 

とくに百会は、歴史上最も古く、諸々の脈がここに集まっているため、
不眠だけでなく

 

精神疾患、頭痛、めまい、目・鼻・耳の疾患、痔、
消化器・循環器の病気、泌尿・生殖器の疾患など

 

にも効くといわれているツボ。

 

最近調子が悪いなと感じたら、押してみるといいだろう。
また軽いマッサージも有効だろう。

 

体がほぐれ、力が徐々に抜けるため入眠しやすくなる。

 

手足が冷えやすい人は、手足だけのマッサージをして血行
をよくするだけでもだいぶ効果はある。

 

人にもよるが、体が少し温まる程度の時間内で行うのを目安にしよう。

 

マッサージだけでなくストレッチやツボ療法にもいえること
だが、「ゆっくり、静かに、穏やかに」が原則。

 

痛みを伴うごりごりマッサージは覚醒してしまうので、避けた方がいい。

ツボの位置

百会・・・百会を左右の中指を皿ねるように当て、頭を手のひら
で包むようにしながら中指に力を加える。これを1分やりましょう。

 

 

安眠・・・頭部の後ろから反対側の手をまわし中指で安眠を押す。
中指をしっかり固定して、頭を左右に勣かす

 

失眠・・・指ではあまり刺激を得られないので、ワインのコルクな
どを使って上から踏み込むようにして刺激を与える  

 

 

安眠・・・耳の後ろにある骨の出っ張りの下のくぼみか
ら1〜1.5pほど顏側のところにある

 

百会・・・頭のてっぺんにあるツボで、左右の耳の上の先端を結んだ線の
中央にある

 

失眠・・・足のかかとの中央線と内くるぶしと外くるぶ
しを結んだ綵の交点にある

このページの先頭へ